NPB native plants & baseball ...

N-ネイティブプランツ Pープランツ プロレス・格闘技 Bーベースボール

第100回全国高校野球選手権千葉大会 組合せ決定&予想その2

2018.7.11 高校野球千葉大会開幕。狭い天台球場最後の夏。

組み合わせ決定。全く根拠の無い予想その2。たぶん面白味の無い普通の予想。
f:id:tcova:20180620144508j:image

 

千葉大

左上ブロック

A 木更津総合    C 幕張総合

成東  検見川  千葉商  

ベスト4予想 ⇒ 木更津総合一択
f:id:tcova:20180621192102j:image

ここは鉄板。

 

左下ブロック

B 拓大紅陵  C 千葉学

千葉明徳  東海大市原望洋  市原中央

ベスト4予想 ⇒ 拓大紅陵
f:id:tcova:20180621192120j:image

千葉明徳が学芸、望洋、市原中央を破り、拓大紅陵に挑むも春のリベンジはならず。

 

右上ブロック

B 志学館  C 千葉経大附

ベスト4予想 ⇒ 志学
f:id:tcova:20180621192152j:image

自力に勝るのは千葉経大附? 打ち合いを征するのは志学館。

 

右下ブロック

A 千葉黎明  C 安房

敬愛学園  館山総合  銚子商  多古  成田

ベスト4予想 ⇒ 成田
f:id:tcova:20180621192210j:image

東千葉の激戦区?は、成田が多古、千葉黎明銚子商安房を下し準決へ。

 

大きな波乱も無く準決勝。

 

木更津総合拓大紅陵 

⇒  木更津総合

熱戦に期待したいが、木更津総合が危なげなく決勝へ駒を進める。

 

志学館-成田

⇒  成田

勢いに乗る志学館だがここまで。成田が久々の甲子園に王手。

 

千葉大会決勝

木更津総合-成田

⇒ 優勝  木更津総合

 

東千葉では投打ともに木更津総合が抜けている印象。近年のエースと心中ではなく複数の投手を五島監督がどう使うか注目。野尻、根本を後ろに控えさせ、残り3人くらいで序盤~中盤をしっかり押さえるような展開か?

 

 

西千葉大

左上ブロック

A 習志野  C 西武台千葉

日体大柏  市立柏  千葉英和  船橋芝山  

ベスト4予想 ⇒ 習志野
f:id:tcova:20180621205856j:image

今年の習志野は多少厳しめのブロック。春をみる限り取りこぼしは無さそうだが、先制点をとられて球場全体が不穏な雰囲気になる展開は避けたい。千葉英和のユニフォームがどうなっているかも興味あり。

 

左下ブロック

B 八千代松陰  C 中央学院

柏南  八千代東  東海大浦安  浦安南  我孫子

ベスト4予想 ⇒ 中央学院
f:id:tcova:20180621205925j:image

西千葉3強では中央学院が最も優勝に近いと思われる。八千代松陰我孫子東に苦戦。千葉の清宮は復調しているのか?

 

右上ブロック

B 流経柏  C 学館浦安

我孫子  四街道

ベスト4予想 ⇒ 流経柏
f:id:tcova:20180621210232j:image

今年は例年よりややスケジュールに余裕あり。高坂は疲れをさほど貯めずに全試合登板が可能。堅守で準決に挑む。

 

右下ブロック

A 専大松戸  C 千葉敬愛

印旛明誠  流山おおたかの森  市立船橋

ベスト4予想 ⇒ 市立船橋
f:id:tcova:20180621211703j:image

印旛明誠はもう少し観たかったが、千葉敬愛にはまだ勝てないか。流山おおたかは今年も夏は良いチームを作ってくると思われるがここも千葉敬愛千葉敬愛は最後の夏となった新原が復活するも、市船に屈する。ノーシードの市船はAシード専松を破り一昨年の再現を目指し準決へ。

 

準決勝

習志野中央学院

習志野

平日10時にもかかわらず、大入のマリン。8割が習志野を応援する中、最後に大谷を捕らえた習志野が逆転で決勝進出。

 

流経柏-市立船橋

市立船橋

勢いに乗る市船が全員野球で再びノーシードで決勝進出。

 

西千葉大会決勝

習志野市立船橋

⇒ 優勝  習志野

 

決勝は永遠のライバル対決。満員のマリン。大半のロッテファンをも味方につけた習志野。第100回記念大会の千葉を代表するのはやはり習志野であった。
f:id:tcova:20180621213526j:image

 

結局、半年前の予想その1のままであった。

好試合に期待したい。


f:id:tcova:20180621214042j:image

 現天台最後の県予選はおそらく7月22日第2試合。

 

2018年6月上旬のネイティブプランツ

梅雨入り前の穏やかな季節。

初夏といえばメラレウカ スノーインサマーの季節。

 

メラレウカ スノーインサマー
f:id:tcova:20180603115901j:image
f:id:tcova:20180603115924j:image

ちょうど2年前に植え付け、倍のボリュームになった。今年は前半曇り空が多かったが、最後に晴れてくれた。

 

メラレウカ メディカルティーツリー
f:id:tcova:20180603115951j:image
f:id:tcova:20180603120006j:image

2年前に30cmで植えたメディカルティーツリーも今年はたくさん咲いた。スモークツリーとの共演を目論み、もうすぐ満開。しかし梅雨入りが先か?

 

メラレウカ コットンキャンディ
f:id:tcova:20180603120214j:image
f:id:tcova:20180603120232j:image

コットンキャンディも今年は予想外にたくさん咲いた。花が無いと極めて地味なので、いつも片隅に放置されてしまう。今年は強めの剪定をするか。

 

メラレウカ レボリューションゴールド
f:id:tcova:20180603120249j:image

寒さに弱いレボリューションゴールド。枯れることはないが、葉っぱは半分以上無くなる。暖かくなると芽吹く。
f:id:tcova:20180603120312j:image

鉢植えも良い役割を演じてくれる。

 

レプトスパーマム ウィーピングティーツリー
f:id:tcova:20180603120359j:image

こっちのティーツリーもたくさん陽が当たるようになってきた。葉っぱが涼しげでとても良い。ところで花は咲かないのか?

 

グレビレア ピーチズ&クリーム
f:id:tcova:20180603120509j:image

開花ラッシュはいったん終了。
f:id:tcova:20180603120524j:image
f:id:tcova:20180603120535j:image

今年もたくさん咲いてくれた。第2弾も期待。

 

コーストバンクシア セイラ
f:id:tcova:20180603120613j:image

葉っぱは充実。蕾らしきものもあるがどうなのか?

 

ウォールムバンクシア
f:id:tcova:20180603120633j:image

成長は他のバンクシアと比べるとゆっくり。もっと幹が太くならないと花は咲かないようだ。

 

バンクシア バースディキャンドル
f:id:tcova:20180603120652j:image

葉っぱは涼しげで良い感じ。陽の当たる時間が増えてきた。開花してくれるのか?

 

コーストバンクシア プロストレート
f:id:tcova:20180603120709j:image

ほふく性バンクシア②。日射しが強くなり、ほふく開始。

 

ヒースバンクシア

f:id:tcova:20180603120742j:image

二代目ヒースバンクシア。先代を枯らしてしまったので6号で再購入。寒さにはそれなりに強いといっても、5号サイズだと今年の寒さは厳しかったか?

 

ヘアピンバンクシア
f:id:tcova:20180603120806j:image

ヒースバンクシア同様、だいぶ傷んでしまったがなんとか持ちこたえている。

 

ドドネア ホップブッシュ
f:id:tcova:20180603121025j:image
f:id:tcova:20180603120444j:image

開花が人知れず終了し、まさに鞘が満開。

 

運動会シーズン、庭も紅白となっている。

 

2018年5月中旬のネイティブプランツ

ゴールデンウィークが終わっても風の強い日が続く。晴れたと思ってもすぐに曇り、雨。

 

大輪系グレビレアの季節。
f:id:tcova:20180517194254j:image

蕾がたくさんできた。日当たりの良すぎないこの場所が良かったみたいだ。強風が吹く庭の中でもここだけは風が少し弱い。


グレビレア ココナッツアイス
f:id:tcova:20180517193317j:image

300種以上存在するらしいグレビレア。色、形は今のところココナッツアイスが一番好み。

 

グレビレア ピーチズ&クリーム
f:id:tcova:20180517193330j:image

ピーチズ&クリームは相変わらずよく咲いてくれる。

 

プロテア リトルプリンス
f:id:tcova:20180517193411j:image

絶賛開花中。
f:id:tcova:20180517193424j:image
f:id:tcova:20180517194019j:image

プロテアは115種あるそうな。毎日表情が変化する。

 

カリステモン ピンクシャンパ
f:id:tcova:20180517193441j:image
f:id:tcova:20180517193450j:image

赤も良いがピンクも良い。

 

メラレウカ スノーインサマー
f:id:tcova:20180517193500j:image

良い感じに蕾がついている。今年も大雪に期待。

 

メラレウカ メディカルティーツリー
f:id:tcova:20180517193511j:image

2年前の春に高さ30cmで植えたメディカルティーツリー。地植えだと一気に育つ。これ以上高くなると困るので開花後剪定しなければ。

 

メラレウカ コットンキャンディ
f:id:tcova:20180517193530j:image

いまいち魅力を引き出せないでいるコットンキャンディ。蕾は結構ついている。

 

ミントブッシュ
f:id:tcova:20180517193550j:image

暖かくなり復活、花も咲いた。

 

ソルトブッシュ
f:id:tcova:20180517193613j:image

名脇役といったところか?
f:id:tcova:20180517204821j:image

メラレウカ レボリューションゴールドの下が寂しかったのでひとつ植えてみた。

 

コーストバンクシア セイラ
f:id:tcova:20180517193646j:image

今のところ葉っぱしか見当たらない。そろそろニョキッと出てきて欲しい。

 

ジャカランダ
f:id:tcova:20180517193657j:image

ジャカランダをもらった。ルーツポーチに植えたが毎日強風が吹くので株元が安定しない。接ぎ木ではないので開花は期待しない。


ドドネア ホップブッシュ
f:id:tcova:20180517205500j:image

実は非常に地味に開花状態。
















 

 

2018年GWのネイティブプランツ

今年のゴールデンウィークは風が強かった。

 

プロテア リトルプリンス
f:id:tcova:20180506170726j:image
f:id:tcova:20180506163247j:image
f:id:tcova:20180506170635j:image

購入から4ヶ月。毎日変化を少しずつ楽しんでいたが旅行中に開花していた。

1月はこんな感じだった。
f:id:tcova:20180506170201j:image

 

グレビレア ガウディチャウディ
f:id:tcova:20180506163106j:image

予想以上に咲いた。もっとも手の掛からないグレビレアのひとつか? 挿し木で別の場所に植えたほうも咲いた。どちらも日当たりはさほどよくない。

 

グレビレアココナッツアイス と ピーチズ&クリーム
f:id:tcova:20180506163119j:image

蕾待機中。鉢植えだと蕾がポロポロ落ちるのもあるが、こっちは大丈夫そう。

 

グレビレア ピンクミゼット
f:id:tcova:20180506163142j:image

今年もちまちま咲き始めていた。


イキシア ビリディフローラ
f:id:tcova:20180506163320j:image

やっと開花。見た目通り華奢、風が吹くと写真が撮れない。もう少し球根を深く植えた方がよかったか。

 

リューカデンドロン パープルヘイズ
f:id:tcova:20180506163340j:image

Mr.フォトジェニク。

 

ヘリクリサム ボンボン
f:id:tcova:20180506163400j:image
f:id:tcova:20180506163410j:image

あかるい花もたまには。

 

ミントブッシュ
f:id:tcova:20180506163426j:image

半日陰でもそこそこ開花。


カリステモン、スノーインサマーも準備中。
f:id:tcova:20180506163455j:image
f:id:tcova:20180506163623j:image

 

グレビレア ムーンライトもなんとか生き返った。来年は開花できるのか?
f:id:tcova:20180506165353j:image











 

平成30年度 春季千葉大会 ベスト4

春季千葉大会ベスト4、関東大会出場校決定。
f:id:tcova:20180501102616j:image

東地区

千葉黎明  
木更津総合  

まとめ

木更津総合投手陣が混迷。夏のエースは誰か? 野尻の地肩の強さは魅力的だったが、まさか投手兼任になるとは。まだ投げている姿を観ていないが水野(池田高)みたいな感じか?

拓大紅陵は千葉経済に取りこぼししなかったことで少し安心。夏までに投手力を上げないと悲願の甲子園は難しいか。

千葉学芸はフロックでは無さそうだ。監督で変わる高校野球

・ 成田、東海大望洋が夏ノーシード。

・ 千葉明徳もノーシードで怖い存在。

・ 房総の雄、安房高シード獲得。

・ 夏は木更津総合の 東京大会にありがちな馬鹿試合に期待。

 

 西地区

専大松戸 
習志野

まとめ

・ 春の専松はやはり強い。

中央学院の全てを夏に合わせている徹底した戦いかたは不気味。一方習志野は全てを出し尽くしている感も。

印旛明誠が予想以上に良さそうだ。監督で変わる高校野球

市船橋、日体大柏がノーシード。

・ 夏は中央学院習志野専大松戸、流経柏の四つ巴かな。

 

天台で聴く紅陵の校歌は良いものだ。
f:id:tcova:20180501102634j:image

 

4/29はラガー氏も観戦。現代の拓大紅陵をみて何を想う?
f:id:tcova:20180501102648j:image

 

平成30年度 高校野球 春季千葉大会 組合せ決定

4/28 春季大会開幕。関東大会と夏のシード権を争う。全く根拠の無いベスト4予想をしてみる。おそらく無難な予想となる。
f:id:tcova:20180420183408j:image

東地区 左上ブロック

拓大紅陵     

千葉黎明     

▲千葉経済     △ 市原中央  

  夏に向けて拓大紅陵はきっちりと勝ち進んでいきたいところ。プロ注目の舘山総合相川Pは故障明けでは無理はさせないか。黎明、経済も存在をアピールしたい。

 

東地区 左下ブロック

木更津総合     

東海大市原望洋 

▲ 成田     △ 銚子商

  木更津総合は順調に勝ち進めば成田、銚子商東海大望洋と好カードが続く。練習試合で投手陣が打ち込まれているようだが大丈夫か? 打撃陣の爆発に期待。千葉商ー安房は激渋カード。

 

西地区右上ブロック

中央学院     

流経大柏     ◯ 市船

専大松戸     △ 日体大柏     △ 千葉敬愛

× 印旛明誠

  片岡監督で復活の印旛。2年生チームの昨夏の時点で先発P、守備はしっかりしていた。しかし組合せが悪すぎたか。優勝戦線常連に返り咲きたい市船は近年戦力強化を図っている様子。  流経柏もエース高坂と堅守で頂点を狙っているはず。 中央学院は関東、全国での強豪校との対戦で相当自信をつけたと思われる。専松が勝つのは厳しいか?  千葉敬愛新原Pの調子はどうか?

 

西地区右下ブロック

八千代松陰     

習志野

学館浦安     

  松陰と習志野が勝ち進めば、ベスト8でそろそろブラバン登場? まだ早いか。ジントシオを味方につけた松陰と習志野の応援合戦は注目。個人的にはレッツゴー習志野より、八千代松陰のビクトリーシャウトの方が好き。当然習志野古谷Pと松陰清宮Pの投げ合いも注目。 それにしてもブラバンのいない習志野スタンドの控え部員、保護者の静けさは伝統なのか?千葉明徳や市船のような部員によるはっちゃけた応援も楽しいのだが。 

 

熱戦に期待。

 

 

2018年4月中旬のネイティブプランツ

春は風が強くて困る。暴風対策も毎年強化され吹き飛ばされたり ひっくり返ったりはなくなってきたが、傾いてしまうことはある。

 

カンガルーポウは根元から折れてしまったので、剪定したレボリューションゴールドを添えて花瓶に。
f:id:tcova:20180415125437j:image

 

リューカデンドロン パープルヘイズ
f:id:tcova:20180415122551j:image
f:id:tcova:20180415122436j:image

暖かくなって 出てきたのは 蕾かな?

 

エストリンギア 
f:id:tcova:20180415122920j:image

薄紫がお上品。レシェノルティア スカイハートの青、グレビレア プーリンダイルミナの赤とよく合う。

 

フィローセカ
f:id:tcova:20180415123241j:image

半日陰でもよく咲く。そして香りが良い。

 

フェバリウム
f:id:tcova:20180415123519j:image

チマチマ開花。もうひとつの日陰、風通しもわるい方はやはり元気無し。でも枯れない。

 

セルリア ブラッシングブライド
f:id:tcova:20180415123835j:image

全て咲き揃った。若葉もきれい。次は夏を越す準備。

 

グレビレア ピーチズ&クリーム
f:id:tcova:20180415124134j:image

急ピッチで開花、新しい蕾もたくさん。しかし相次ぐ強風で蕾がいくつか抜け落ちている。

 

グレビレア ココナッツアイス
f:id:tcova:20180415124408j:image

ピーチズ&クリームよりもゆっくり育つ。花はこっちの方が迫力があって好み。

 

グレビレア ガウディチャウディ
f:id:tcova:20180415124723j:image

北側のガウディチャウディ。冬は午後の数時間しか陽が当たらない場所。春になりようやく陽が当たるようになったが午後だけ。花は期待していなかったが咲いてくれそうだ。

 

パンダスミレ
f:id:tcova:20180415125515j:image

完全に放置し、跡形もなく消えたと思っていたパンダスミレがここに来て復活。

 

 

昨年秋ころ枯れたメラレウカ ホワイトレース。とりあえず枝を全部切って、庭の片隅に置いておいたら、新芽が出てきた。
f:id:tcova:20180415130416j:image

 

そして瀕死のグレビレア ムーンライトにも復活の兆し。
f:id:tcova:20180415130546j:image