NPB native plants & baseball ...

N-ネイティブプランツ Pープランツ プロレス・格闘技 Bーベースボール

平成30年度 高校野球 春季千葉大会 組合せ決定

4/28 春季大会開幕。関東大会3枠と夏のシード権を争う。全く根拠の無いベスト4予想をしてみる。おそらく無難な予想となる。
f:id:tcova:20180420183408j:image

東地区 左上ブロック

拓大紅陵     

千葉黎明     

▲千葉経済     △ 市原中央  

  夏に向けて拓大紅陵はきっちりと勝ち進んでいきたいところ。プロ注目の舘山総合相川Pは故障明けでは無理はさせないか。黎明、経済も存在をアピールしたい。

 

東地区 左下ブロック

木更津総合     

東海大市原望洋 

▲ 成田     △ 銚子商

  木更津総合は順調に勝ち進めば成田、銚子商東海大望洋と好カードが続く。練習試合で投手陣が打ち込まれているようだが大丈夫か? 打撃陣の爆発に期待。千葉商ー安房は激渋カード。

 

西地区右上ブロック

中央学院     

流経大柏     ◯ 市船

専大松戸     △ 日体大柏     △ 千葉敬愛

× 印旛明誠

  片岡監督で復活の印旛。2年生チームの昨夏の時点で先発P、守備はしっかりしていた。しかし組合せが悪すぎたか。優勝戦線常連に返り咲きたい市船は近年戦力強化を図っている様子。  流経柏もエース高坂と堅守で頂点を狙っているはず。 中央学院は関東、全国での強豪校との対戦で相当自信をつけたと思われる。専松が勝つのは厳しいか?  千葉敬愛新原Pの調子はどうか?

 

西地区右下ブロック

八千代松陰     

習志野

学館浦安     

  松陰と習志野が勝ち進めば、ベスト8でそろそろブラバン登場? まだ早いか。ジントシオを味方につけた松陰と習志野の応援合戦は注目。個人的にはレッツゴー習志野より、八千代松陰のビクトリーシャウトの方が好き。当然習志野古谷Pと松陰清宮Pの投げ合いも注目。 それにしてもブラバンのいない習志野スタンドの控え部員、保護者の静けさは伝統なのか?千葉明徳や市船のような部員によるはっちゃけた応援も楽しいのだが。 

 

熱戦に期待。

 

 

2018年4月中旬のネイティブプランツ

春は風が強くて困る。暴風対策も毎年強化され吹き飛ばされたり ひっくり返ったりはなくなってきたが、傾いてしまうことはある。

 

カンガルーポウは根元から折れてしまったので、剪定したレボリューションゴールドを添えて花瓶に。
f:id:tcova:20180415125437j:image

 

リューカデンドロン パープルヘイズ
f:id:tcova:20180415122551j:image
f:id:tcova:20180415122436j:image

暖かくなって 出てきたのは 蕾かな?

 

エストリンギア 
f:id:tcova:20180415122920j:image

薄紫がお上品。レシェノルティア スカイハートの青、グレビレア プーリンダイルミナの赤とよく合う。

 

フィローセカ
f:id:tcova:20180415123241j:image

半日陰でもよく咲く。そして香りが良い。

 

フェバリウム
f:id:tcova:20180415123519j:image

チマチマ開花。もうひとつの日陰、風通しもわるい方はやはり元気無し。でも枯れない。

 

セルリア ブラッシングブライド
f:id:tcova:20180415123835j:image

全て咲き揃った。若葉もきれい。次は夏を越す準備。

 

グレビレア ピーチズ&クリーム
f:id:tcova:20180415124134j:image

急ピッチで開花、新しい蕾もたくさん。しかし相次ぐ強風で蕾がいくつか抜け落ちている。

 

グレビレア ココナッツアイス
f:id:tcova:20180415124408j:image

ピーチズ&クリームよりもゆっくり育つ。花はこっちの方が迫力があって好み。

 

グレビレア ガウディチャウディ
f:id:tcova:20180415124723j:image

北側のガウディチャウディ。冬は午後の数時間しか陽が当たらない場所。春になりようやく陽が当たるようになったが午後だけ。花は期待していなかったが咲いてくれそうだ。

 

パンダスミレ
f:id:tcova:20180415125515j:image

完全に放置し、跡形もなく消えたと思っていたパンダスミレがここに来て復活。

 

 

昨年秋ころ枯れたメラレウカ ホワイトレース。とりあえず枝を全部切って、庭の片隅に置いておいたら、新芽が出てきた。
f:id:tcova:20180415130416j:image

 

そして瀕死のグレビレア ムーンライトにも復活の兆し。
f:id:tcova:20180415130546j:image

 

 

 

2018年4月上旬のネイティブプランツ

冬が終わったら夏が来た。植物たちも驚いているだろう。

 

セルリア ブラッシングブライド
f:id:tcova:20180405193737j:image

しばらく全く動きがなかったが、やっと動きだした。

 

グレビレア プーリンダイルミナ
f:id:tcova:20180405193800j:image

ノックアウトが終了したらプーリンダイルミナが開花。長かった。

 

グレビレア レモンディズ
f:id:tcova:20180405193820j:image

不揃いに開花。もう一回り大きくなった来年に期待。
f:id:tcova:20180405193920j:image

良い色。

 

グレビレア ピーチズ&クリーム
f:id:tcova:20180405193845j:image

11月に現れた蕾が次々開花。早くもアリが登ってきた。
f:id:tcova:20180405193906j:image

新たな蕾も現れた。

 

ヒポカリマ
f:id:tcova:20180405194015j:image

このサイズでは地味すぎる。

 

フィローセカ
f:id:tcova:20180405194055j:image

イッキに開花。
f:id:tcova:20180405194116j:image

先に植えたほうも咲いてきた。さほど日当たりの良い場所ではないが咲いてくれた。

 

レシェノルティア
f:id:tcova:20180405194159j:image

冬から春までずっときれいな青が続く。なんとか夏を越したい。梅雨前に半分に刈り込んで、あとはとにかく乾かし気味に。これだけで良いのか?

 

 

半日陰で伸び悩んでいた グレビレア ノックアウトをとうとう移動してしまった。無事復活してほしい。
f:id:tcova:20180405194235j:image

ノックアウト跡地には、居場所の無さそうだった白斑ウエストリンギアを植えてみた。日陰でも元気にやって行けるはず。
f:id:tcova:20180405194250j:image

 

現在最も心配なのが グレビレア ムーンライト。絶対に枯らしてはいけないと言いながら、10月に大きめの鉢に移してしまったのが失敗。土が常に湿っている状態が続き、2月頃から葉っぱがみるみるうちに茶色に。暖かくなるのを待っているうちに更に茶色に。意を決して再びの植え替え。一回り小さいルーツポーチに。3週経ったが今のところなんとか粘っている様子。大丈夫なのか???

f:id:tcova:20180405194304j:image

 

春は良いですな。

強風がなければ。
f:id:tcova:20180405194324j:image



2018年3月下旬のネイティブプランツ

ようやく長い寒い冬が終わったようだ。

 

グレビレア ノックアウト
f:id:tcova:20180324163937j:image

満開となった小ぶりなノックアウト。

咲けば肉厚な半日陰の方を移動したいがどうしようか。

 

グレビレア プーリンダイルミナ
f:id:tcova:20180324164222j:image

今年もゆっくりじっくり開花に向かっている。

 

グレビレア ピンクレディ
f:id:tcova:20180324164239j:image

来年はこれがたくさん咲いてくれることを期待。

 

グレビレア ピーチズ&クリーム
f:id:tcova:20180324164301j:image

11月に出来た蕾が再び動きだした。


フィローセカ
f:id:tcova:20180324164410j:image
f:id:tcova:20180324225256j:image

2か所とも蕾が膨らんできた。もうすぐ開花。

 

ヒポカリマ
f:id:tcova:20180324164428j:image

いつの間にか蕾が膨らんでいる。

 

フェバリウム
f:id:tcova:20180324164437j:image

メラレウカ レボリューションゴールド下のローズマリーを移動し、キリンの木を植えた。ここなら育ってくれるかな。

 

セルリア ブラッシングブライド
f:id:tcova:20180324225509j:image

長く咲いてくれる。もうしばらく楽しめる。

 

プロテア リトルプリンス
f:id:tcova:20180324164515j:image

ようやく動きだした様子。

 

テロペア スペシオシッシマ
f:id:tcova:20180324164542j:image

2020年までに開花は難しそうだ。

 

イキシア ビリディフローラ
f:id:tcova:20180324164601j:image

今のところ順調。是非とも開花させたい。

 

パンダスミレ

f:id:tcova:20180324164653j:image
ひとつだけ咲いていた。

 

天台球場

千葉県野球場。通称天台球場。
f:id:tcova:20180306211036j:image

1968年竣工。

センター120M、両翼92M。収容27000人。

今夏より大規模改修工事が始まる。ナイター設備ありとなる。

 

3月吉日、天台球場の外周を散歩。

陸上競技場前から球場を臨む。
f:id:tcova:20180306211835j:image

 

天台球場正面。
f:id:tcova:20180306211909j:image

味わい深いプレートと錆。
f:id:tcova:20180306211945j:image

 

チケット売場と正面入場口。
f:id:tcova:20180306221940j:image

チケット切りの野球部員の挨拶が気持ちいい。入場口を入り階段を昇ると階段が左右に別れる。左に売店があるのでだいたい左側に進む。

 

一塁側内野スタンド裏。
f:id:tcova:20180306222306j:image

以前はテニスの壁打ちをしている人がいたが、いつの間にかフェンスが。

 

臨時出入り口。
f:id:tcova:20180306222439j:image

混雑時のみ開門。昔、一回だけここから出たことがあり嬉しかった。

 

ライトポール際から球場を覗く。
f:id:tcova:20180306222631j:image

外野芝用の目土か?

 

天台球場名物のタダ見スポット。
f:id:tcova:20180306222748j:image

モノレール スポーツセンター駅から球場へ向かう歩道橋。よく見える。

 

ライトスタンド裏からスコアボードを臨む。
f:id:tcova:20180306222938j:image

新球場はセンター122M、両翼100Mとなる。スタンドが狭くなるだけなのか?

 

スコアボード裏。
f:id:tcova:20180306223305j:image

新球場はLEDとなる。ようやくあの見えないスコアボードから解放される。

 

レフトスタンド裏。
f:id:tcova:20180306223515j:image

小学生のころ野良犬に追いかけられ、自分だけ石垣の上に避難し、友人が犬に噛まれた場所。

 

三塁側駐車場から。
f:id:tcova:20180306223829j:image
f:id:tcova:20180306223851j:image

外観はどう変わるのだろうか?この雰囲気は残して欲しい。

この姿もあと5ヶ月。
f:id:tcova:20180306224147j:image

 

咲かないグレビレア

グレビレアの育て方を調べると、

「日当たりが良い場所に 水はけのよい土で」

「過湿を避け 乾いたらたっぷり水を」

「しっかり陽に当てないと開花しません」

こんな感じか。

しかし、「日向~半日陰」というキーワードも。

では半日陰に植えてみたグレビレアはどうなったのか?

ノックアウト、プーリンダイルミナ、ラニゲラ を昨春半日陰に地植え。

 

 グレビレア ノックアウト

昨年の春先。開花した状態で植え付け。肉厚な開花を披露。
f:id:tcova:20180301205020j:image

 

今年の春先・・・
f:id:tcova:20180301210910j:image

蕾無し。

 

 

グレビレア プーリンダイルミナ

 昨年の春先。こちらも蕾たっぷりの状態で植え付け。その後しっかり開花。
f:id:tcova:20180301205048j:image 
f:id:tcova:20180301205922j:image

今年・・・
f:id:tcova:20180301210955j:image

ヒョロヒョロ伸び、蕾無し。

 

 

グレビレア ラニゲラ

今年・・・
f:id:tcova:20180301211510j:image

 

ちなみに日向で毎日日光浴している鉢植えのノックアウトとプーリンダイルミナの現在。
f:id:tcova:20180301211745j:image
f:id:tcova:20180302001539j:image


やはり冬のあいだ、十分な日光を与えていないと蕾すら出来ないという事か。

 

ラニゲラは葉っぱがかわいいのでまあ良しとするが、ノックアウトはもったいない。

夏には咲くのだろうが、夏の開花は地味。

鉢植えの方よりも立派な花が咲く株なので、引っ越しも検討中。

春の陽射しで、これから蕾が出てくることもあるのか?  

もう少しこのまま様子をみる。

 

そもそも、半日陰とは?・・・。

 

2018年2月中旬のネイティブプランツ 越冬

今更ながら今年の冬は寒い。

拙宅のある市内の元旦から昨日までの気温を改めて確認。
f:id:tcova:20180215193906j:image

薄いブルーが平年の最低気温。濃い方が今年の最低気温。寒さは一目瞭然。最低気温0度以下はなんと40日。

 

越冬の敵は 霜 と 乾いた強風。

 

カテゴリーマスターによると霜の発生条件は気温4度以下 + 弱風 とのこと。しかし幸いなことに我が家はけっこう風が吹く。春先は強風が半端ないうちの庭も、霜が降りにくい場所だったとは。

 

越冬の基本はまず室内への避難。しかし我が家にはいかなる植物も敷居をまたいではいけないという不文律が。長州と大仁田の「またぐなよ」がここにもあり。

できることは限られている。

 

・南側軒下に避難
f:id:tcova:20180215195919j:image
f:id:tcova:20180215204614j:image

別のカテゴリーマスターによるとだいたいのオージープランツはこれだけでも大丈夫とのこと。

 

・簡易ビニールハウスに避難
f:id:tcova:20180215200153j:image

ビニールハウスには保温効果は無い。風避け程度の役割か? しかし南側軒下の壁にぴったり着けておけばなんとなく暖かそうな気もする。日中は陽も当たる。入るサイズで特に耐寒性の弱そうなのをIN。今のところセルリアも無事。プロテアは夜間は中、日中は外。まだ軽いから移動が楽で良い。ただし、入り口を閉めっぱなしにすると日中サウナ状態となる。ここは頑張って毎日開け閉め、そしてたまに重いのも外に出す。

 

・物置に避難
f:id:tcova:20180215201109j:image

苦肉の策。明日の最低気温は-6です。などという予報を見てしまうとこんなこともしてしまう。朝になったら出すが出かける時間も氷点下。

 

・段ボールに避難
f:id:tcova:20180215201629j:image

苦肉の策②。-5度以下となると見かけは気にしなくなる。

 

・ベタがけシートで避難 
f:id:tcova:20180215202232j:image
f:id:tcova:20180215203431j:image

この冬、見た目で最もダメージを受けているのはグレビレア ムーンライト。葉っぱがかなり傷んでいる。寒さより乾燥した冷風にやられたようだ。我が家は霜は降りないが寒風は通り抜ける。

 

 

あとは通常のマルチングと雪が降ったら大きなビニール袋などで防雪。

 

今年の越冬、今のところ大きな被害は無し。メラレウカ レボリューションゴールドは少しずつ葉が傷んできた。おそらく3月頃にはだいぶ枯れるが、その後復活するはず。雪で瀕死状態だったミントブッシュも問題なし。調べると寒さには強いとのこと。

 

春はもうすぐ。

 

 グレビレア プーリンダイルミナ

f:id:tcova:20180215205921j:image

蕾多数。

 

グレビレア ノックアウト
f:id:tcova:20180215210035j:image

開花開始。

 

フィローセカ
f:id:tcova:20180215210112j:image

もう少し待つ。

 

プロテア リトルプリンス
f:id:tcova:20180215210227j:image

じっくり待つ。

 

グレビレア ピーチズ&クリーム
f:id:tcova:20180215210604j:image

これは開花まで至らずと予想。

 

レプトスパーマム レモンティーツリー
f:id:tcova:20180215210842j:image

思ったより寒風に強いのか? この後傷んでくるのか?

 

レプトスパーマム ウィーピングティーツリー
f:id:tcova:20180215211950j:image
グレビレア ガウディチャウディ
f:id:tcova:20180218163216j:image

北西側のウィーピングティーツリー、その下のグレビレア ガウディチャウディは 前評判通り寒さには強い。しかし、冬場午後の数時間しか陽が当たらないのでどれくらい開花するのか?

 

ヘアピンバンクシア
f:id:tcova:20180215214321j:image

多少傷んでいるが、陽に当たると緑が映える。

 

レシェノルティア
f:id:tcova:20180215211111j:image

冬でも咲き続ける。霜が降りなければ問題ないようだが、なんとなくビニール温室に入れてしまっている。

 

セルリア ブラッシングブライド
f:id:tcova:20180215213729j:image

このまま冬越し出来るのか?

 

 

ロックグレビレア
f:id:tcova:20180215211448j:image

耐寒気温 -15度は伊達ではない。泰然自若。

 

2月後半から3月中旬までの寒さもけっこう厳しい。

皆の無事を祈る。